スキンケア

美容外科で行う本格的なスキンケア

お肌の悩みとスキンケア

美しいお肌は多くの女性の憧れ。しかし、何かとストレスの多い現代社会に生きる女性は、お肌もストレスを抱えがちです。

高価な化粧品を使ったり、エステ通いをしてスキンケアをしているという人も多いですが、美容専門の医療施設である美容外科などで、本格的なスキンケアを受ければ、気になるお肌の悩みもかなり改善できます。

美容外科で行われているスキンケアは施設によってさまざまなものがありますが、レーザー光線を使ってシミやくすみを薄くしたり、薬品を使って古い角質を取り除き、ターンオーバーを活性化するといった施術は美容外科ならではの方法です。

acne-1606765_640

美容外科のスキンケア方法

レーザー光線を使ってシミやくすみを薄くする方法はいろいろありますが、たとえばパルスライトの光エネルギーやフォトRFの高周波エネルギーを真皮上層にアプローチしたり、医療レーザーマシンを使用して根深いシミやくすみなどを改善するといった方法があります。

レーザーマシンを使用してシミやくすみを改善する施術はレーザートーニングと呼ばれるスキンケア施術ですが、レーザートーニングではわずかな出力でレーザーを照射し、シミだけでなく肝斑などを薄くする効果があるといいます。
また、繰り返し照射することによって、色素沈着やくすみ、毛穴の開きなどをケアする効果もあるようです。

女性に多いお肌の悩みには、シミやくすみといったもののほかにも、ニキビやニキビ跡などの悩みもあります。ニキビ発症の原因は皮脂のつまりによるものですが、皮脂のつまりはターンオーバーの乱れやホルモンバランスの乱れによって起こります。

進行中のニキビに対しては、ケミカルピーリングなどのピーリング治療が効果的ですし、ニキビ跡による色素の沈着などには、フォトフェイシャルやフォトRF、Eラインとといった光レーザー治療、クレーター状になってしまったニキビ跡にはピールングやダーマローラーといった治療法が効果的です。
進行中のニキビとニキビ跡が混在するような場合はこれらの治療を組み合わせて行います。